dream comes true 〈番外編〉〜其の弐〜

えーと…
そうそう、私が東京へ向かったのですね。
前回の更新からしばし時間が経ったので同じテンションでいけるか不安ですが。

はる坊の執拗なまでの行かないでコールでお疲れ気味の私でしが、確かにちょっとかわいそうな気もする。
絵本のことを喜んでくれてたから一緒に観たかったんだろうな。
もう少しはる坊の気持ちを汲んでやるべきだったとハハ反省。
新幹線の中でダンナ様の携帯にはる宛に「はる、げんき〜?」と送ったら返ってきたメール。

0813_004

さすが私の息子。ひねくれかたが私にそっくり。
結局、妖怪ウォッチフィギュアのお土産ではる坊の機嫌をとることに。

その後、品川→渋谷→三軒茶屋→世田谷パブリックシアター「お話の森」→夢の国→三軒茶屋→渋谷16時くらい着。
帰りの新幹線まで3時間ほどあるので早々にお土産を買って「お話の森」の余韻にひたろうとウキウキだったのが、実際は妖怪ウォッチフィギュア探しで渋谷の街をウロウロ3時間。。
渋谷という大都会は妖怪ウォッチブームとは無縁の街でした…

まあいっか、と思ってたところに私が送ったメールの返信がはる坊から入る。
0813_007
ダンナ様の指導が入ったかと思われる文面だけど、はる坊いいところあるじゃないか〜と軽く感動。
だからおかあさん、がんばりました。
執念で見つけた妖怪ウォッチメダルとカードケース。
売っていたお店は独特な雰囲気の「トレカ」専門店。そして参観日に頑張っちゃったママみたいな格好をした私にぴったりな言葉「場違い」。。
ま、都会にはいろいろな人がいますからね、気にしない、気にしない。
周りは気にしてる様子だったけど…
レアメダルを手に入れた満足感はあったけど、東京に行ってまで私は何をしていたのだろう。
そう、Rollyさんの「お話の森」。
帰りの新幹線で余韻にひたってる時にふと思い出す。
もしRollyさんにサインしていただける機会があったらはる坊の名前を書いてもらおう!と意気込んでいたけど……スマヌ、忘れてた………正直に言うとはる坊の名前を書いてもらうのが惜しくなったハハ。。
そんなハハだけどはる坊もはる坊で、私の帰りを待っていて「おかえり!」と駆け寄ってきたと思ったら真っ先に私のバッグをあさってお土産のメダルを探すという悲しい光景。
ふて寝してるよりはいいけどね。

…という、なんだかんだとうまくバランスを取っているというハハと息子のお話でした。

長々とお付き合いいただいたみなさま、ありがとうございます。
前々回の投稿に比べるとかなり規模の小さい話になっていて少々気が引けます。。

広告

dream comes true 〈番外編〉〜其の弐〜」への4件のフィードバック

  1. 渋谷の町、若かりし頃は何時間でも歩けたけれど、
    今は1時間でクラクラします。
    3時間掛けてお土産を探した母さんは強しですね。

    残り少なくなった夏休み、楽しい事がたくさんありますように♫

    1. sachieさま
      無理だと思うと熱くなる性格が災いしてますね。
      あと、ここではる坊にある程度満足してもらえれば次は快くハハの外出をお見送りしてくれるかもと。…無駄だろうけど。(-_-)

      夏休みが終わってしまうのが意外にも私も淋しく感じてます。
      ありがとうございます♪

    1. wakasaさま
      こんばんは♪
      全ておもちゃ(お土産)で解決しようというダメハハっぷり。(。-_-。)
      責任感というより「渋谷」と「妖怪ウォッチ」に負けたくなかったんでしょうねえ。
      勝ち取ったのははる坊の笑顔…その日限りの。。

コメントをどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中